102 Company

恐るべき紫外線!

紫外線対策はお顔とボディーが中心ですが、
一番恐ろしいのが体のてっぺんにある髪と頭皮です。
顔にあたる紫外線量の5倍以上も影響を受けるとも言われます。
悪影響は髪ダメージと薄毛。

髪の成分はタンパク質です。
紫外線でタンパク質が分解され髪を守っているキューティクルが損傷、
内部のメラニン色素も同じく影響をうけて色抜けが起こります。
だんだんとツヤがなくなり、色褪せたような髪になります。

頭皮は顔と同じ皮膚。シミ、そばかすをつくるだけではなく、
たるみシワと皮膚の老化を促進します。
頭皮の皮脂が急速に酸化し、過酸化脂質が大量発生し頭皮環境が乱れます。
だんだんと頭皮が臭うようになり、秋に抜毛が多くなり薄毛になります。

紫外線は細胞に悪影響を与える
フリーラジカルという原因を発生させるからです。

年中注意すべきでしょうが、特に5月〜9月、時間帯は
11時から14時あたりが強いというデータがあります。

日傘や帽子、UVケア商品の活用をおすすめいたします。
オゾンドライヤー、イオンドライヤーのご使用も大変有効です。
ビタミン、ミネラルが豊富な新鮮な野菜や果物の摂取も大切です。

Page Top